コンセプト

コンセプト

焼肉とワイン

1978年開店後多くの方にご愛顧頂きましたが、店舗周辺の開発のため2009年にやむなく店舗を休業し、2015年、再び同じ場所に帰って参りました。 日常のなかの「ハレの日の外食」を桂の地で楽しんで頂くため、天壇伝統の焼肉と韓国料理、ユッケなどの牛肉刺身メニュー、そしてワインも多彩に取り揃えております。 また、お子様連れの方でもゆったりお食事して頂くため、キッズルーム・キッズメニューもご用意しております。 毎日ランチタイムより営業しており、懐かしい天壇と新しい天壇をもっと身近に感じて頂ける店舗、それが天壇桂五条店です。

天壇のお肉と秘伝のつけタレ

ロースへのこだわり

天壇では “サーロイン”と“リブロイン”といわれる部位のみをロースとしてご提供しております。

“サーロインロース“は牛肉を代表する部位で、サシを含みやすく、きめ細かな肉質で形状も肉厚にカットすればそのままステーキに使える部位です。
“リブロース“はサーロインよりサシの強い部分を含み、肉のきめ細かさ、脂のリッチな旨みの両方を味わうことができます。
そのロースを薄切り・大判でカットしご提供するのが天壇流。つけタレとの相性が抜群で、お肉の甘さを口いっぱいに広がります。
是非当店でお好みのロースを見つけてください。

創業から続く秘伝のつけタレ

1965年の創業当時のレシピのまま、現在も自家製で作り続けている天壇のつけタレ。 さっぱりとした後口とお肉のうまみを引き出すタレは、「焼いたお肉を食べごろの温度にし、お肉の味を引き立てるタレを」ということで考えられたものです。

黄金色に透き通ったこのタレは、牛肉などを長時間かけて煮込み、旨みを抽出したお出汁をベースに作られます。創業以来歴代の料理長がその作り方を知る、秘伝のレシピです。

ゆったりとした空間

社内のソムリエが選んだ“天壇の焼肉に合うワイン”を取り揃えております。
各国より納得した味の銘柄を専用のセラーで管理し、焼肉とワインという組み合わせもお薦めのひとつとしております。

ランチ営業

毎日ランチタイムより営業しております。
ロースランチなど厳選のお肉を使用した焼肉ランチを始め、石焼ぴびんぱなどのお食事物のランチも毎日お楽しみ頂けます。

Copyright(C)2015 Tendan All Rights Reserved.